中山 大輔  Daisuke Nakayama

有限会社 DiA 代表取締役

生年月日 1974・5・9
血液型 A型 
出身地 愛知県豊橋市

-1995年
16歳の時に見たインディアンジュエリーの魅力が忘れられず、自ら材料や資料を集め、独学で革細工とシルバー細工の勉強を始める。
                
-1998年
Silver & Leather Shop DiAを設立
オリジナルのシルバーとレザー製品を中心とした品揃えからはじまる。

-1999年
インディアンジュエリーを求めアメリカへ単身渡米。
ネイティブアメリカンと出会い交流を深め技術を学ぶ。

-2000年
止め具にボタンを使わず革ひもでとめる、天然ターコイズのついたウォレットを日本で初めてデザインし制作、商品化。
インターネットや雑誌で支持され日本全国からの発注を受ける。

-2001年
フェザー、鹿の角などをモチーフにしたジュエリーのデザインに力を入れ制作,販売。

-2002年
友人が付けていたDiAオリジナルジュエリーをきっかけにジャニーズの滝沢秀明、長瀬智也、等多くの芸能人からの依頼によりオーダーを受ける。
滝沢秀明からの度々の依頼によりタッキーオリジナルジュエリーをデザイン制作し熱い信頼を得ている。

-2004年3月  有限会社DiA設立
法人化により、より多くの委託店、販売ネットワークを広め、日本全国規模で、DiAオリジナル作品の販売を始める。
またインターネットサイトでの注文も急激に伸びはじめる。

-2004年
DiA上海に進出。

-2005年
シルバーと象牙を組み合わせた類を見ないアクセサリー「Ivory drop」を考案・製作。

-2006年
シルバーと純金の配合を独自に開発。
新たな素材を使ってのジュエリーを製作し「φ-phi-」を考案・販売。

-2008年
DiAオリジナルシルバーブランドを「VERSE」に統合。
樹木・象牙・皮革をシルバーと融合させる新しい発想のジュエリー「melodious VERSE」をリリース。
シルバーアクセサリーで香りを楽しむことができる「fragrant VERSE」をリリース。

-2009年
三次元CADシステムを導入。
手作りによるアナログとCADシステムによるデジタルを両立し使い分けることで、新たなるデザインの発案や時間の短縮が可能に。
アクセサリー部門にて女性向けラインナップ「Luna」、鍵モチーフペンダント「clef」をリリース。
レザー部門にてゴートスキンを使用した「elpha」をリリース。

-2010年
12周年を迎え、ひと回りしたDiA。
初心を忘れないためにも「原点回帰」をコンセプトに再出発する。
日々新たな技術を取り入れ、受け継がれてきた技術と最新機器との併用により、どこにも真似できない物を生みだしている。
また、革をかつて使用していたものに戻すなど、原点回帰のコンセプトを実際に行動に移すことで、飛躍的に客足を伸ばしている。

16歳の時始めてアメリカへ渡米した時に、ネイティブアメリカンの作るインディアンジュエリーと出会う。各部族が、独自に編み出した繊細な細工が施された、装飾品を越えたアートに魅了された事が、DiAの歴史でもある。「一生宝物に出来るジュエリー」をコンセプトに、その人が持つ魅力を十分に引き出すデザインで、すべての人に愛される作品を提供している。1995年16歳の時に見たインディアンジュエリーの魅力が忘れられず、自ら材料や資料を集め、独学で革細工とシルバー細工の勉強を始める。

海外での大量生産により、価値と共に品質も下がり続けるジュエリー。
その中で、12年間変わることなく品質にこだわり続けるDiA。
「本物」だけを追い求めた結果、素材の調達からデザイン、製作まで全てを一人でこなすに至る。
その品質とこだわり、その人柄により、多くの方々から愛され続けている。

今後も作品を通じて中山大輔の魅力を伝え続けていきたい。

 

 

 

一生宝物にできるジュエリーとレザークラフト。手作りにこだわりオーダーメイドやカスタムも承ります。